Mリーグ速報@麻雀

Mリーグについて、よりわかりやすく、より楽しく、より多くの人に届けることを目的としたまとめブログです。
ぜひ、Mリーグの魅力を、このブログで一緒に楽しみましょう。

    カテゴリ:Mリーグ > チーム


    「あんまり勝てる未来が見えな…おーっ!」ピンチからの逆転アガリに仲間の表情がMAXレベルで“ぽかん”/麻雀・Mリーグ

     展開が見えるトップ雀士だからこそ、まさかの逆転にはつい口が開いてしまった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」2月13日の第1試合では、直近2試合連続で箱ラスを食らっていたセガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)が奮闘し、復活のトップを取った。道中、激しい点の奪い合いとなり計13回のアガリが飛び出す乱打戦。控室でもヒヤヒヤしながら仲間が見ていたが、予想を超える逆転に目を丸くし、口を大きく開けて驚く場面もあった。

    【映像】急展開に口が開いてしまった醍醐大

     第1試合は魚谷、赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)を中心とした点の奪い合い。リーチ棒も19本出され、アガリは13回。前に出なければ削られるばかりと、各選手がどんどんと前に出て主導権を握ろうとする競り合いになった。ここで抜け出したのが魚谷だが、道中は冷や汗もの。控室で見守っていた茅森早香、醍醐大(いずれも最高位戦)も、テンパイ後の残り牌状況でピンチだと察していた。

     ところが、醍醐が「これ、あんまり勝てる未来が見えな…」とまで言いかけたところで、魚谷が状況を覆すアガリをものにしたことで「い」の言葉を飲み込んで「おーっ!」と歓声に。ぽかんとしたまま硬直すると、茅森と声を揃えて「危なかった―!」と胸をなでおろすことになった。

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    ABEMA/麻雀チャンネルより)

    「あんまり勝てる未来が見えな…おーっ!」ピンチからの逆転アガリに仲間の表情がMAXレベルで“ぽかん”/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「まさかの逆転アガリに驚きと興奮が止まりません!仲間たちの顔が一瞬で“ぽかん”となり、その後の喜びの叫び声が鳴り響きました。この興奮を共有できるのが麻雀・Mリーグの魅力ですね!」

    <このニュースへのネットの反応>

    【「チームの困難な状況からの逆転アガリ!驚きの展開をご紹介」】の続きを読む


    【写真・画像】 1枚目

     Mリーグ機構は、「大和証券Mリーグ2023-24」2月12日の第1試合に出場する4選手を発表した。チーム成績がプラスの2チームと、マイナスの2チームという明暗が分かれている4チームという卓組み。それぞれの立場で麻雀の打ち方も徐々に変わっていく時期に近づき、これまでとは異なるシーズン終盤らしい戦い方が見られそうだ。

    【中継】勝ち組VS負け組、壮絶バトル

     リーグ1位を快走するKADOKAWAサクラナイツリーダー内川幸太郎(連盟)は唯一の個人マイナスで、残り3選手が3ケタプラスチーム内でMVPを争うかというほど絶好調だ。レギュラーシーズン突破はもちろん、セミファイナルシリーズに向けた貯金づくりに入っているが、やはりリーダーだけマイナスというのも居心地が悪い。レギュラーシーズンまでに完済を目指す。

     渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)は過去に比べて特徴的なシーズンを送っている。11月に1度も試合に出なかった一方、2月は日またぎながら4連投など、メリハリがきいている。個人成績もプラスに戻し、トップ10入りはもはや“定位置”。憎たらしいほど強い絶対王者として君臨すべく、隙を見せずにトップを狙う。

     好調2チームを倒してレギュラーシーズン突破を近づけたいTEAM雷電。リーグ6位とボーダーライン上で、7位のEX風林火山ともわずか30.2ポイント差と、直接対決でなくても1試合で簡単にひっくり返る。まず目指すところは100ポイント差。萩原聖人(連盟)はどこまでリスクを承知で前に出るか、決断が迫られるシーンも増えてくる。

     リーグ8位のBEAST Japanextは、シンプルトップを狙う戦いが続く。2着ならまだしも、ラスでなければ3着でよし、という余裕はない。トップポイントが大きなルールではあるが、順位点で20ポイント変わる3着から2着への浮上もオーラスぎりぎりまで狙うケースが増えるだろう。チームの勝ち頭・菅原千瑛(連盟)も、承知の上でがむしゃらに攻める。

    2月12日第1試合】

    KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎(連盟)個人25位 ▲107.3
    渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)個人10位 +137.2
    TEAM雷電・萩原聖人(連盟)個人20位 ▲39.9
    BEAST Japanext・菅原千瑛(連盟)個人13位 +58.0

    2月9日終了時点での成績】

    1位 KADOKAWAサクラナイツ +577.6(70/96)
    2位 U-NEXT Pirates +363.7(72/96)
    3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +272.0(70/96)
    4位 赤坂ドリブンズ +221.6(72/96)
    5位 渋谷ABEMAS +33.3(72/96)
    6位 TEAM雷電 ▲236.7(72/96)
    7位 EX風林火山 ▲266.9(72/96)
    8位 BEAST Japanext ▲439.9(70/96)
    9位 セガサミーフェニックス ▲524.7(70/96)

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    ABEMA/麻雀チャンネルより)

    蹴落とそうとする者、踏ん張ろうとする者 レギュラーシーズン終盤の壮絶な「勝ち組VS負け組」バトル/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「Mリーグのレギュラーシーズン終盤の試合はいつも熱戦が繰り広げられますが、今回の勝ち組VS負け組バトルは本当に壮絶でした。蹴落とそうとする者たちも必死に牌を切り、踏ん張ろうとする者たちも必死に点差を追いかける激しいプレーでした。バトルの結末が気になって仕方ありません!」

    <このニュースへのネットの反応>

    【Mリーグの戦いは激烈!勝ち組VS負け組の熾烈な蹴落とし合い】の続きを読む


    みんな、逃げろ―!親のカンで新ドラが全ノリの恐怖 めくった本人は指がプルプル/麻雀・Mリーグ

     こんなヤバい手、振り込んだら大惨事だ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」2月9日の第2試合。KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典(連盟)が親で暗カンをしたところ、新ドラがもろ乗り。めくったトップ雀士も、思わず指が震えた。

    【映像】相手のカンが全てドラになってしまい震える白鳥の手

     場面は南1局、3万6600点持ちでトップ目に立つ滝沢が七万を暗カン。実況の松嶋桃(協会)が「新ドラは?」と注目、新ドラが七万にもろ乗りしたことがわかると、解説の河野直也(最高位戦)は「これはすごい手になったよ!」。視聴者も「もろ乗り!?」「とんずら」「祭じゃあ!」「にげろー!」「滝沢完全に仕上がってるww」「きつぁー」と大興奮だ。これをめくった渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)は、思わず手がプルプル。場には緊張が走り、放送席と視聴者は大騒ぎとなった。

     さらに滝沢は2・5索待ちでリーチ。これには手広いイーシャンテンにこぎつけていた白鳥もたまらず現物を打ち撤退していた。

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    ABEMA/麻雀チャンネルより)

    みんな、逃げろ―!親のカンで新ドラが全ノリの恐怖 めくった本人は指がプルプル/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Mリーグの新ドラ、本当に怖すぎます!新戦術や連鎖が次々と繰り広げられる様子に、ついつい息をのむ場面もあります。観ているだけで、自分の指もプルプルしてきますよね。麻雀好きにはたまらない恐怖の魅力が詰まっています!

    <このニュースへのネットの反応>

    【「逃げろー!親のカンで新ドラ全ノリの恐怖が迫る!」】の続きを読む


    Mリーグ麻雀の激闘!「波」と「風」が激突する最大の戦いが勃発!


    チーム&選手の実力が拮抗していて、どちらが勝つかは本当に分からないですね!逆転劇が起きる可能性もあるので、楽しみです。

    【写真・画像】 1枚目

     Mリーグ機構は、「大和証券Mリーグ2023-24」2月9日の第1試合に出場する4選手を発表した。参加4チームは全てトータルポイントプラスで、かつ先発4選手も全て個人プラス。好調時には「波に乗る」「(追い)風が吹く」という表現も多用される中、波と風がぶつかった時にはどっちが勝つのか。

    【中継】好調選手&好調チームが大集合!

     リーグ首位のKADOKAWAサクラナイツからは、岡田紗佳(連盟)が先発する。Mリーガーになりたてのころは、1勝するにも四苦八苦といった時期もあったが、今シーズンは15試合に出場しトップ4回、2着7回で、連対率73%。安心して試合を託せる選手になった。個人ランキングでもトップはまだ+300ポイントに届いておらず、今後の展開次第ではMVPも夢ではない。

     リーグ3位のKONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人(連盟)が登場。今月3日には、所属する日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル・鳳凰位を自身3度目となる獲得。改めて超トップクラスの雀士であることを示した。Mリーグでは、小さなプラスに留まっているが大きな仕事を終えた後で、ここからはMリーグに全力投球。“魔王”らしさが存分に出てくることだろう。

     4位の赤坂ドリブンズからは渡辺太(最高位戦)が出場。「ネット麻雀の神」と呼ばれる実力の片鱗を見せ、様々なタイプが揃うMリーグにもうまく対応している。月日を重ねることに、チームメイトだけでなく他チームの選手とも交流が増え、笑顔もよく出るようになった。全てがうまく噛み合った時、まだMリーグファンが見たことのないような突出した強さが披露される。

     5位の渋谷ABEMASからはムードメーカー、日向藍子(最高位戦)が登場。もともと守備的な選手だが、今シーズンは少し押しが強めの麻雀も展開。気がつけばきっちりと個人プラスに乗せてきているあたりは、さすがの安定感だ。日向がトップで笑顔を見せれば、チームの雰囲気は2倍にも3倍にも明るくなる。

    2月9日第1試合】

    赤坂ドリブンズ・渡辺太(最高位戦)個人15位 +44.7
    KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)個人8位 +163.9
    KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人(連盟)個人19位 +11.2
    渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)個人20位 +8.7

    2月8日終了時点での成績】

    1位 KADOKAWAサクラナイツ +497.5(68/96)
    2位 U-NEXT Pirates +363.7(72/96)
    3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +275.1(68/96)
    4位 赤坂ドリブンズ +260.5(70/96)
    5位 渋谷ABEMAS +71.4(70/96)
    6位 TEAM雷電 ▲236.7(72/96)
    7位 EX風林火山 ▲266.9(72/96)
    8位 BEAST Japanext ▲439.9(70/96)
    9位 セガサミーフェニックス ▲524.7(70/96)

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    ABEMA/麻雀チャンネルより)

    好調の「波」と好調の「風」はどっちが勝つか!?トータルプラスのチーム&選手が大集合で激戦必至/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【Mリーグ麻雀の激闘!「波」と「風」が激突する最大の戦いが勃発!】の続きを読む


    TEAM雷電・EX風林火山・セガサミーフェニックスが激突!麻雀Mリーグで繰り広げられる壮絶なバトル!


    「この3つの強豪チームが激しくぶつかり合うなんて、まさに麻雀の真髄ですね!どのチームが勝ち抜けるか、今から楽しみです!」

    【写真・画像】 1枚目

     Mリーグ機構は、「大和証券Mリーグ2023-24」2月8日の第1試合に出場する4選手を発表した。各チーム、残り試合は30を切り、いよいよレギュラーシーズンも終盤の色が少しずつ濃くなってきた。ボーダーラインを挟んだ戦いもさらに激化。リーグ6位のTEAM雷電、同7位のEX風林火山、同9位セガサミーフェニックスによる三つ巴の戦いは、まさにサバイバルだ。

    【中継】下位3チームの苦しくも激しいサバイバル戦(生中継中)

     TEAM雷電は、試合がなかった6日にEX風林火山ポイントを減らしたことで、6位に浮上。久しぶりにセミファイナルシリーズ進出へ、水面に顔が出せた状況だ。ようやく息が吸えるところまで出られただけに、ボーダー下に潜るわけにもいかない。直接対決で引き離す絶好機で、瀬戸熊直樹(連盟)に白羽の矢が立った。

     一方、EX風林火山としてはここからズルズル後退することだけは避けなくてはいけない。じりじりとポイントを減らしている流れはそう簡単に食い止められるものでもないが、とはいえ誰かが体を張ってでも、やらねばならない仕事。勝又健志(連盟)が腕まくりをして卓につく。

     リーグ最下位のセガサミーフェニックスは、いよいよ明確にトップ、最低でも連対狙いという状況に入ってきた。オーラスのアガリトップが狙える状況であれば「2着でよし」のアガリを見ない手順を踏むケースも増える。醍醐大(最高位戦)がリスクを背負った戦いで、どこまで腹を括れるか。

     リーグ2位のU-NEXT Piratesは+430.2だが、首位の座をKADOKAWAサクラナイツに明け渡したままでシーズンは過ごしたくない。下位チームががむしゃらトップ取りを狙ってくるため、大物手に振り込むようだと箱下のラスで大量失点という不安もある。どうやってその相手をいなしつつ、ポイントを持ち帰るか。瑞原明奈(最高位戦)がクールな表情で突き放しに行く。

    2月8日第1試合】

    EX風林火山・勝又健志(連盟)個人4位 +252.1
    セガサミーフェニックス・醍醐大(最高位戦)個人19位 ▲14.8
    TEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)個人16位 +22.5
    U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)個人2位 +289.2

    2月6日終了時点での成績】

    1位 KADOKAWAサクラナイツ +497.5(68/96)
    2位 U-NEXT Pirates +430.2(70/96)
    3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +275.1(68/96)
    4位 赤坂ドリブンズ +260.5(70/96)
    5位 渋谷ABEMAS +71.4(70/96)
    6位 TEAM雷電 ▲246.8(70/96)
    7位 EX風林火山 ▲320.1(70/96)
    8位 BEAST Japanext ▲439.9(70/96)
    9位 セガサミーフェニックス ▲527.9(68/96)

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    ABEMA/麻雀チャンネルより)

    TEAM雷電・EX風林火山・セガサミーフェニックス、苦しくも激しい三つ巴のサバイバル戦/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【TEAM雷電・EX風林火山・セガサミーフェニックスが激突!麻雀Mリーグで繰り広げられる壮絶なバトル!】の続きを読む

    このページのトップヘ