Mリーグ速報@麻雀

Mリーグについて、よりわかりやすく、より楽しく、より多くの人に届けることを目的としたまとめブログです。
ぜひ、Mリーグの魅力を、このブログで一緒に楽しみましょう。

    カテゴリ:Mリーグ > チーム


    【写真・画像】 1枚目

     自分を追い込んだ一戦で、見事に勝利。U-NEXT Piratesの仲林圭(協会)が3月5日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の第1試合に登板して、華麗な末脚で今期9勝目を飾った。

    【映像】バッチリ決めた髪で大逆転を決めた仲林圭

     前回登板時、仲林は赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)のリーグ最高スコアの渦潮に飲まれ、箱下4着に沈んだ。当試合は起家から渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)、TEAM雷電・本田朋広(連盟)、EX風林火山・勝又健志(連盟)、仲林の並びで開始。チームメイトの鈴木優(最高位戦)が「好きなんで」と、Acid Black Cherryのボーカリスト・yasuを思わせる髪型にイメチェンした仲林は、東1局でリーチタンヤオ・赤2の満貫・8000点(供託2000点)をアガった。その後は、リーチをかけるもアガれない状況。東4局2本場では本田にリーチ・一発・赤の5200点(+600点、供託2000点)を献上し、「ひどすぎる」と猛省した。

     親番の南4局2本場を迎えた時点で、仲林はトップ目の勝又と5100点差、2着目の日向と4000点差の3着目。十分に逆転が狙える中、仲林は6巡目にリーチをかけた日向を追随し、四・七万の両面待ちで構えた。このめくり合いを制したのは仲林で、ハイテイ牌で当たり牌を掴んでしまった日向からリーチ・ホウテイ・赤・裏ドラ2の満貫・1万20000点(+600点、供託3000点)を奪取。一気に勝又・日向を抜き去ると、そのままトップで試合を終えた。

     「髪型で遊んじゃったんですよ」。そんなこともあり、仲林は試合後、「負けられなかったですね」とコメント。「優さんが『すごい!めっちゃカッコイイ。俺もやりたい!』って控室で喜んでいた」と明かし、「やってよかったな」と笑った。「パイレーツは首位なんですけど、またトップを取って、ポイントを積み重ねることができました」。現状、個人成績は鈴木優が1位、同じくチームメイトの瑞原明奈(最高位戦)が2位で、仲林は7位まで浮上した。「そのままセミファイナルを駆け抜けて、ファイナルまで行きたいと思います」。今期9勝目の仲林がMVP争いに加われば、海賊船の帆に、さらなる追い風が吹くことだろう。 

    【第1試合結果】

    1着 U-NEXT Pirates・仲林圭(協会)4万2300点/+62.3
    2着 EX風林火山・勝又健志(連盟)3万1800点/+11.8
    3着 渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)1万9000点/▲21.0
    4着 TEAM雷電・本田朋広(連盟)6900点/▲53.1

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    遊んだ髪型で自分にムチ!仲林圭、混戦抜け出す末脚でトップ「セミファイナルを駆け抜けてファイナルへ!」/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    仲林圭の髪型が遊んでいてかっこいい!彼の実力も素晴らしいので、ファイナルへの進出が楽しみですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【仲林圭、遊んだ髪型で自信満々!セミファイナルへの猛進!】の続きを読む


    リーグ8位・9位のチームが繰り広げる白熱のバトル!セミファイナル進出への道は果たしてどこにある?


    リーグ8位・9位からの逆襲劇が見どころですね!どのチームもプレーオフへの切符を手に入れるために必死で戦っています。

    【写真・画像】 1枚目

     Mリーグ機構は、「大和証券Mリーグ2023-24」3月5日の第1試合に出場する4選手を発表した。前日の試合を終えて、セミファイナルシリーズ進出を争う下位4チームが、59.9ポイントの中にひしめき合う大混戦。リーグ8位・9位のチームも、今夜の結果次第でボーダーラインより上に顔を出すことも十分可能だ。

    【中継】下位2チーム、急浮上あるか!?

     今期から1チーム増えたMリーグ。過去にはかなり縦長の展開になり、残り14~16試合ともなれば、大勢決したというチームがいくつか出てくることもあった。ところが今期は3月末の最終戦まで順位が大きく入れ替わるかもしれないほどの熱戦だ。リーグ最下位のTEAM雷電も、本田朋広(連盟)が気持ちよくトップを取れば、いきなり6位とカットラインの上に出られる。

     同8位のEX風林火山も、TEAM雷電とわずか1.1ポイントしか差がなく、状況としてはほぼ一緒。上位2チームに勝たれたとしても、TEAM雷電より下の順位を取って、じりじりと後退することだけは避けたい。軍師・勝又健志(連盟)の経験が今こそ活きる。

     渋谷ABEMASは、当初の目標よりもプラスポイントは少ないだろうが、とはいえレギュラーシーズン突破を濃厚にしていることを考えれば、さすがの安定感だ。ポストシーズンに入ると、ガラリと状態が変わる選手も多いが、日向藍子(最高位戦)は勢いをつけるトップを取りに行くか、それとも落ち着いた麻雀で立ち回るか。

     首位を走るU-NEXT Piratesは、さすがに今すぐ後ろを気にする状態ではなく、ポストシーズン進出を前提に、いろいろと試したいところでもある。またMVP争いもいよいよ佳境に入り、誰がいつどこで出てくるか、監督の采配にもさらに注目が集まり始める時期だ。先発の仲林圭(協会)も、ここから連勝すればまだMVP争いに加われるかもしれない。

    3月5日第1試合】

    EX風林火山・勝又健志(連盟)個人7位 +125.4
    渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)個人21位 ▲28.6
    TEAM雷電・本田朋広(連盟)個人31位 ▲148.1
    U-NEXT Pirates・仲林圭(協会)個人10位 +101.7

    3月4日終了時点での成績】

    1位 U-NEXT Pirates +515.4(82/96)
    2位 赤坂ドリブンズ +403.5(84/96)
    3位 KADOKAWAサクラナイツ +263.8(84/96)
    4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +119.4(82/96)
    5位 渋谷ABEMAS +66.0(82/96)
    6位 セガサミーフェニックス ▲305.2(82/96)
    7位 BEAST Japanext ▲333.8(84/96)
    8位 EX風林火山 ▲364.0(82/96)
    9位 TEAM雷電 ▲365.1(82/96)

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    もうどこが抜けても不思議じゃない!リーグ8位・9位から目指すセミファイナルへの道は大混戦/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【リーグ8位・9位のチームが繰り広げる白熱のバトル!セミファイナル進出への道は果たしてどこにある?】の続きを読む


    【写真・画像】 1枚目

     長い麻雀人生でも、これほどの逆風はそうなかったはず。勝ち方を知る男が、ようやく面目躍如の勝利を挙げた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」3月4日の第2試合はKADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)が連敗を3で止めるトップ。試合後はいつになく饒舌で、ファンに復活をアピールした。

    【映像】堀慎吾、トップの決定打となった清一色

     試合は起家からKONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典(連盟)、赤坂ドリブンズ・渡辺太(最高位戦)、堀、BEAST Japanext鈴木大介(連盟)の並びでスタート。過去2戦でアガリが一度もない堀は東3局4本場、中の後付けのアガリで1500点(+1200点、供託3000点)を決め、まずは一安心。

     同5本場は7700点(+1500点)、さらに同6本場は仕掛けた清一色で1万2000点(+1800点)、同7本場も親満貫をアガり、これまでの鬱憤を晴らすかのような堀の独壇場となった。終盤も2度のアガリを決めて完勝。7万4000点のトップで、個人成績も大きく戻すことに成功した。

     試合後は久しぶりの「うれしいです」。さらに「全然アガれていなかったので、今日はよくアガれた。楽しかったですね」と笑顔を見せると、ファンからは早速「ほりぽよないす!!!」「麻雀やめらんねえな!」「堀様おめでとう」「ナイストップ堀」と賛辞が寄せられた。トンネル脱出の喜びからか口も滑らかで、得意の「至極の一局」も卓越した記憶力と共に語り切った。

     チーム内では“岡田様”こと岡田紗佳(連盟)が好調な一方で、男性陣は不調が続いている。堀は「岡田以外出ればみんなラスで、特に僕は飛びラス、飛びラス、ほぼ飛びラスみたいな3連続ラス。ファンの方に辛い思いをさせてしまった」と振り返り、ようやく掴んだこの勝利は「スカッとする勝ちを届けられた」と満足げに語った。

     チームは現状3位、ポストシーズンへ向け貯金はまだ十分にある。堀は最後に「ちょっとずつ最近失ったポイントを取り戻していければと思います」と語り、久し振りの決めポーズも披露。2年前に優勝を経験し、大舞台での強さは誰もが知るところ。内川幸太郎(連盟)、渋川難波(協会)もこの試合に刺激を受けないはずはない。春にサクラ満開となるために、自分たちらしい戦いを取り戻していくだろう。

    【第2試合結果】

    1着 KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)7万4000点/+94.0
    2着 BEAST Japanext鈴木大介(連盟)1万9700点/▲0.3
    3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典(連盟)4200点/▲35.8
    4着 赤坂ドリブンズ・渡辺太(最高位戦)2100点/▲57.9

    3月4日終了時点での成績】

    1位 U-NEXT Pirates +515.4(82/96)
    2位 赤坂ドリブンズ +403.5(84/96)
    3位 KADOKAWAサクラナイツ +263.8(84/96)
    4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +119.4(82/96)
    5位 渋谷ABEMAS +66.0(82/96)
    6位 セガサミーフェニックス ▲305.2(82/96)
    7位 BEAST Japanext ▲333.8(84/96)
    8位 EX風林火山 ▲364.0(82/96)
    9位 TEAM雷電 ▲365.1(82/96)

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    逆風は俺の腕で弾き返す 勝ち方を知る麻雀職人・堀慎吾、特大トップで連敗脱出「スカッとした勝ちを届けられた」/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    連敗からの脱出、どこまでも粘り強い姿勢が素晴らしいです。これからの試合も期待しています。

    <このニュースへのネットの反応>

    【麻雀職人堀慎吾が見せたスカッとする勝利!勝ち方の秘訣とは?】の続きを読む


    チームのために全力疾走!猿川真寿がトップを狙うMリーグの新たな挑戦


    猿川真寿選手の熱い意気込みが伝わってきますね!チームのために頑張ってほしいです!

    【写真・画像】 1枚目

     Mリーグ機構は、「大和証券Mリーグ2023-24」3月4日の第1試合に出場する4選手を発表した。注目はリーグ最下位ながらも、まだ逆転でのセミファイナルシリーズ進出に可能性を残しているBEAST Japanext。リーダー猿川真寿(連盟)が、大事な一戦で好調の女性3選手を相手にどう戦うか。

    【中継】猿川真寿、大活躍の女性3選手と対戦

     ここが切羽詰まった戦いの場でなければ人気の女性3選手と同卓でうらやましがられるところだが、生き残りがかかる猿川にとって、この日の相手は強敵でしかない。個人3、5、6位が揃ったこの卓、トップを取るのは簡単ではない。ただチームはボーダーラインまで約95ポイント差。下位チームがいない試合で、確実に差を詰めておきたい。

     下位チームが生き残りに必死な中、女性3選手はMVPを虎視眈々と狙う。昨年のMVPKONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗(連盟)は現在5位。Mリーグ2年目でMVPを取り、今年もMVP争い。プロ雀士歴の浅さを考えれば、とてつもないスピードで進化している。牌に愛されたように好配牌やツモに恵まれることも多く、正確な判断と噛み合えば無双状態に入る。

     最高のシーズンを送っているのはKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)。チームを引っ張る「岡田様」は、他のチームが失速傾向の中でもポイントを大きく減らすことなく常に上位をキープ。芸能活動でも大忙しだが、Mリーグでも出場する度に活躍が続く。初のMVPでも取れれば、さらに岡田は各地から引っ張りだこだ。

     謙虚ながらも、じわじわと上位に上がってきたのは赤坂ドリブンズの才女・浅見真紀(最高位戦)。シーズン序盤からチームのムードメーカー役を担ってきたが、気づけば4選手全員プラスの絶好調チームの中でも2番手の成績。大量ポイントに守られながら、自分の麻雀を貫けば、MVPのタイトルの方から寄ってくるかもしれない。

    3月4日第1試合】

    赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)個人6位 +122.8
    KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)個人3位 +213.3
    KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗(連盟)個人5位 +196.8
    BEAST Japanext・猿川真寿(連盟)個人27位 ▲91.9

    3月1日終了時点での成績】

    1位 赤坂ドリブンズ +527.9(82/96)
    2位 U-NEXT Pirates +515.4(82/96)
    3位 KADOKAWAサクラナイツ +188.8(82/96)
    4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +136.7(80/96)
    5位 渋谷ABEMAS +66.0(82/96)
    6位 セガサミーフェニックス ▲305.2(82/96)
    7位 EX風林火山 ▲364.0(82/96)
    8位 TEAM雷電 ▲365.1(82/96)
    9位 BEAST Japanext ▲400.5(82/96)

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    勝利のポーズを恥ずかしがってる場合じゃない!猿川真寿、チームのために絶対トップを取りたい大事な一戦/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【チームのために全力疾走!猿川真寿がトップを狙うMリーグの新たな挑戦】の続きを読む


    二階堂亜樹がEX風林火山の最下位からの逆襲を開始!


    二階堂亜樹の逆襲、期待しています!EX風林火山の力を見せてくれることを願っています。

    【写真・画像】 1枚目

     Mリーグ機構は、「大和証券Mリーグ2023-24」3月1日の第1試合に出場する4選手を発表した。リーグ最下位からの浮上を目指すEX風林火山は前回トップの二階堂亜樹(連盟)が出場。ボーダーラインまで約100ポイントだが、どこまで詰め寄るか。それとも一気に抜き去るか。

    【中継】EX風林火山、二階堂亜樹に託された逆転劇

     連日、順位が激しく入れ替わるボーダーラインをめぐる戦い。前日は下位3チームが直接対決した。その様子を眺めることになったEX風林火山だが、下位から1チームが抜け出す展開にならなかったのは朗報。上位陣との厳しい戦いになるが、亜樹の活躍でスッと抜け出してしまうには絶好の機会だ。

     リーグ5位の渋谷ABEMASは、ボーダーラインまで離れた位置は維持しており慌てる状況ではないが、とはいえプラスが2ケタ止まりでは落ち着かない。白鳥翔(連盟)は、個人のマイナスを減らしつつ、チームをさらに安泰にする役割がある。もともと「ハイブリッド」と呼ばれるほど多彩な戦術の持ち主。軽やかな麻雀を取り戻せば、自然と結果がついてくる。

     好調チームからはMVPを狙う選手が出てくる。リーグ3位のKADOKAWAサクラナイツからは渋川難波(協会)が出場。大勝はなくとも、試合の流れをうまく把握し巧みにトップを取っている印象が強い。強気に前に出るだけではなく、時には横移動を悠然と見守る。そんな大人の麻雀が光る。

     対照的に、徹底した攻め麻雀なのが現在個人首位のU-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)。「戦闘民族」とも呼ばれる攻めのイメージは対戦相手にもしっかり植え付けられ、正面衝突を避ける選手も増えている。もう一度プラスを300台、さらには400台に乗せるため、今夜も堂々と前に出る。

    3月1日第1試合】

    EX風林火山二階堂亜樹(連盟)個人25位 ▲78.6
    KADOKAWAサクラナイツ・渋川難波(協会)個人6位 +174.2
    渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)個人30位 ▲117.7
    U-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)個人1位 +277.1

    2月29日終了時点での成績】

    1位 赤坂ドリブンズ +527.9(82/96)
    2位 U-NEXT Pirates +437.0(80/96)
    3位 KADOKAWAサクラナイツ +319.0(80/96)
    4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +136.7(80/96)
    5位 渋谷ABEMAS +60.4(80/96)
    6位 セガサミーフェニックス ▲305.2(82/96)
    7位 TEAM雷電 ▲365.1(82/96)
    8位 BEAST Japanext ▲400.5(82/96)
    9位 EX風林火山 ▲410.2(80/96)

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    底は見た、あとは上がるだけ!EX風林火山、最下位からの逆襲へ二階堂亜樹が出陣/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【二階堂亜樹がEX風林火山の最下位からの逆襲を開始!】の続きを読む

    このページのトップヘ