Mリーグ速報@麻雀

Mリーグについて、よりわかりやすく、より楽しく、より多くの人に届けることを目的としたまとめブログです。
ぜひ、Mリーグの魅力を、このブログで一緒に楽しみましょう。

    カテゴリ:Mリーグ > 女性選手


    プロ雀士でモデル・タレントの岡田紗佳2月21日に自身のInstagramを更新。足を左右に180度開いた写真を公開し、話題を呼んでいる。

    【写真】背中がザックリと開いた大胆ワンピースも華麗に着こなす岡田紗佳

    ミニスカで見事な開脚披露

    この日岡田は、フォトエッセイの告知で、しなやかな腕と美脚を見せつける、まるで新体操のような“開脚写真”を投稿。

    この投稿を見たファンからは、「体まで柔らかいとか、もう欠点を探す方が難しいほど、才色兼備の完璧バージョン女性」「役満開脚っスか?」「体柔らかいおかぴー」「めっちゃやわらかくてびっくり」「身体も柔らかい!最強」「柔らかセクシー」などのコメントが寄せられている。


    岡田紗佳が自身のInstagramを更新した/※画像はWEBザテレビジョン タレントデータベースより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    開脚ショットを見ていると、岡田紗佳選手の体の柔らかさに圧倒されます。素晴らしいです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【岡田紗佳の開脚ショットが話題沸騰!「役満開脚」にファン驚愕】の続きを読む

    瑞原 明奈(みずはら あきな、1986年11月19日-)は、競技麻雀のプロ雀士。最高位戦日本プロ麻雀協会所属。長崎県立佐世保西高等学校、早稲田大学国際教養学部卒業。2017年3月まで日本プロ麻雀協会に所属。麻雀プロリーグであるMリーグのチーム・U-NEXT Piratesから2019年にドラフト指…
    10キロバイト (1,220 語) - 2024年2月11日 (日) 02:55



    「明奈さんの表情って本当に可愛いですね!ライバルをしっかり観察してる姿に、さすが女流雀士という感じがします」

    【かわいすぎる!仲良し女流雀士が見せるバックハグ&ダブルピースの仲良しショット】の続きを読む

    伊達 朱里紗(だて ありさ、1991年5月10日 - )は、日本の女性声優、プロ雀士。兵庫県三田市出身。81プロデュース、日本プロ麻雀連盟所属。Mリーグ・KONAMI麻雀格闘倶楽部所属。 歌うこととしゃべることが好きな小学生だった。ある日、歌うこともしゃべることも出来る声優という職業があるらしいと友…
    47キロバイト (4,103 語) - 2024年2月8日 (木) 15:02



    伊達朱里紗さんの活躍を見ると、やはりトッププレーヤーの風格を感じますね。Mリーグ2023-24シーズンもますます楽しみです。

    【KONAMIの女神様・伊達朱里紗!】の続きを読む


    【写真・画像】 1枚目

     戦う度に頼もしさを増す赤坂の母が、この日も躍動した。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」2月23日の第1試合は赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)がトップを獲得。高打点の手はなかったが、要所で効果的なアガリを決め逃げ切った。

    【映像】浅見真紀は勝利の喜びに通路で歓喜のジャンプ

     この試合は東家からU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)、KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗(連盟)、浅見、EX風林火山・勝又健志(連盟)の並びで開始した。浅見は東3局1本場、瑞原から2000点(+300点、供託1000点)をアガりこの日最初の加点。続く東3局2本場、ダブ東が暗刻のチャンスで仕掛けて前進。勝又、伊達とぶつかり合うも、勝又からロン。ダブ東・赤の5800点(+600点)を手に入れて、頭一つ抜け出した。

     その後もリーチ攻勢で小刻みに加点。ライバルの攻めには丁寧に対応、落ち着いた打ち回しを見せた。南3局1本場は親リーチでツモアガリリーチ・ツモで3000点(+300点、供託1000点)のアガりながら、瑞原、勝又の勝負手を封じた価値あるアガリとなった。オーラスをトップ目で迎え、ここも自らアガって幕を引いた浅見。これで今期5勝目、個人成績は+122.8と3ケタへ乗せた。

     勝利者インタビューでは「僅差のトップ目で、じわじわと局が進んでいたので、ホッとしたというのが第一感です」とまず素直な感想を述べた。決め手のアガリについては南3局1本場を挙げ「自分が放銃していると、逆連対となっていた可能性もある。アガれて良かったなと思います」と安堵の笑みを浮かべた。レギュラーシーズンは首位で突破も狙えるが、浅見は「優勝が目標なので!」とゴールをはっきり口にして、さらに「一つ一つの試合でトップを目指して、なるべくたくさんのポイントを持って帰れるように頑張るというのが今年の目標」と前向きかつ冷静に展望を語った。

     個人成績は急上昇MVP争いに食い込む可能性もある。これについて浅見は「恐縮です」照れ笑い。チームメイトの渡辺太(最高位戦)、鈴木たろう(最高位戦)、そして園田賢(最高位戦)の名を挙げ「太もたろうも園田もみんなMVP狙っているので、新人の私はあんまり前に出られないなと思いながら、ちょっと様子見て」と謙虚に語った。

     シーズン中盤まで苦しんだ新人も、今ではMVPを狙える位置に付けた。3人の男性選手をまとめるムードメーカーが、個人成績の数字でも引っ張り、首位通過を目指す。頼れる母の活躍にファンからは「マッキーナトップ!」「浅見トップおめでとう!」「仕事できる人やな」「ほんとこのメンツで勝てたのは凄いです」とエールが寄せられていた。

    【第1試合結果】

    1着 赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)3万8800点/+58.8
    2着 U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)3万1600点/+11.6
    3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗(連盟)2万9000点/▲11.0
    4着 EX風林火山・勝又健志(連盟)600点/▲59.4

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    頼れる赤坂の母・浅見真紀、コツコツ打法で逃げ切りトップ「優勝が目標なんで!」個人成績は3ケタ突破/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    浅見真紀選手の安定したプレイは本当に頼りになりますね。優勝目指して頑張ってほしいです!

    <このニュースへのネットの反応>

    【頼れる赤坂の母、浅見真紀がコツコツと積み重ねた成績でトップに!】の続きを読む


     プロ雀士、モデル、タレントとして活躍する、岡田 紗佳(30)が2月20日に自身のInstagramを更新し、初のフォトエッセイ『岡田紗佳 1stフォトエッセイ おかぴーす! 今日も私は運がいい』を発売することを報告した。


     この日の投稿では、「本日『おかぴーす!』発売しました〜!私のバックグラウンドだったり、麻雀に対する思いだったりを話しています!」と報告。「縁の深い沢崎さん・内川さん・ほりしぶ・まるこ・まつかよ・まりさん・石田さん・滝沢さん・白鳥からもコメントを頂いています ご協力ありがとうございました!」と感謝をつづった。

     この投稿にフォロワーからは、「おかぴ、発売おめでとう」など、初のフォトエッセイ発売を祝福するコメントや、「透明感あるね。」「可愛いが満載」など、絶賛するコメントが寄せられていた。

    Instagram:岡田紗佳(@sayaka_okada)より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「役満ボディ」という愛称がぴったりですね!岡田紗佳さんの透明感溢れる魅力がたくさん詰まったフォトエッセイ、楽しみです!

    <このニュースへのネットの反応>

    【人気モデル岡田紗佳の透明感あふれるフォトエッセイがついに発売!】の続きを読む

    このページのトップヘ