Mリーグ速報@麻雀

Mリーグについて、よりわかりやすく、より楽しく、より多くの人に届けることを目的としたまとめブログです。
ぜひ、Mリーグの魅力を、このブログで一緒に楽しみましょう。

    カテゴリ: Mリーグ


    レベルアップが止まらない!岡田紗佳、貫禄も漂う逆転トップ 初MVPにも光「気になります!」/麻雀・Mリーグ

     充実のシーズンを送る「岡田様」に、ファンも唸るばかりだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」3月11日の第1試合はKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)がトップで個人7勝目を獲得。オーラスの満貫ツモ条件を満たし、試合後は初タイトルへの意識ものぞかせた。

    【映像】岡田紗佳、鮮やかな逆転トップの瞬間

     この試合は東家から赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)、岡田、KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典(連盟)、セガサミーフェニックス・東城りお(連盟)の並びで開始。岡田は東2局1本場、7800点(+600点、供託1000点)のツモアガリで、前局に供託し空振りに終わったリーチ棒を回収。今期これまで続く好調のキープを見る者に印象付けた。

     東4局1本場から東城に2局連続の親満貫を決められ、岡田は2番手から逆転を狙う展開。東4局3本場、ここで岡田はマンズの清一色が見える手になり、五万のポンから仕掛け始める。456の順子を壊すこの仕掛けに、解説の藤崎智(連盟)は「勝負ポンだね。鳴かないも有力。(リーチ者の滝沢が切っている)三・六万を鳴かせてもらえる可能性もあったので」と着目した。その後、浅見からもリーチが飛んでくる。岡田は直後、浅見のロン牌である六万を重ねて、四万と六万のシャンポン待ちでテンパイ、これをすぐに滝沢からアガり清一色・赤の1万2000点(+900点)をゲットした。実況の日吉辰哉(連盟)は「嘘みたいな牌だ!ラス牌ですよ!」と絶叫した。

     ラス親の東城との競り合いとなったオーラス。南4局は東城にアガリを決められ差は広がってしまったが、満貫が必要となった同1本場に岡田の勝負強さが出た。4巡目、ドラ4索を引いてイーシャンテン、さらに最大のネックだったドラ表示牌のカンチャンを埋めて1・4筒待ちの先制リーチ。7巡目、軽やかに1筒をツモ、リーチ・ツモ・赤・ドラの8000点(+300点)の逆転弾が決まり、個人7勝目を手に入れた。

     気迫満点の逆転勝利も、試合後の岡田は飄々としていた。MVPは「みんなが思っているよりそんなに狙っていなかった」と語り、その一方で「今のトップでさすがに気になります!」と照準を合わせるコメントも。解説者を驚かせた東4局3本場の跳満については「五万ポンはしやすい。赤五万だと1万2000点になるので」と思考を明かし、これを聞いた視聴者は「いい判断だった」「岡田強いやんこのインタビューでわかったな」「あれは勉強してるのが出たぽん」と脱帽だ。

     麻雀プロとしてまだキャリアが浅い頃からMリーグに参戦、年々レベルを上げている岡田は今期、不調の男性陣を牽引している。試合後のスタッツを眺めながら藤崎は「ゴール前の“ちょい差し”ですよね、見事な、本当に強い勝ち方」と称えていた。

    【第1試合結果】

    1着 KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)4万7500点/+67.5
    2着 セガサミーフェニックス・東城りお(連盟)4万6600点/+26.6
    3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典(連盟)1万3100点/▲26.9
    4着 赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)-7200点/▲67.2

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    レベルアップが止まらない!岡田紗佳、貫禄も漂う逆転トップ 初MVPにも光「気になります!」/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    貫禄が増す岡田紗佳さん、逆転トップに輝いた姿は圧巻です。Mリーグの注目選手として今後も活躍が楽しみです!

    <このニュースへのネットの反応>

    【貫禄あるプレーで注目を集める岡田紗佳、新たな可能性に期待が高まる】の続きを読む


    【写真・画像】 1枚目

     劇的なアガリを前に、美女雀士も思わずフリーズだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」3月7日の第1試合。BEAST Japanext・猿川真寿(連盟)が1000点の仕掛けから赤五万を引いて暗カン、新ドラと嶺上開花で満貫となり、これに驚いたU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)の表情にファンからも多くのコメントが寄せられた。

    【映像】劇的なアガリを前に人気美人雀士の目が点に

     南3局1本場、猿川がカン三万をチーして2・5索待ちのテンパイタンヤオで1000点だが、ラス目のセガサミーフェニックス・醍醐大(最高位戦)の親を終わらせる効果的な攻めだ。終盤、カン材の赤五万を引くと、猿川はこれを小考して暗カン。新ドラは7索で、自身の手に1枚乗った。さらに嶺上開花で赤5索を引き、タンヤオ嶺上開花・赤2の8000点(+300点、供託1000点)のアガリが完成だ。

     解説のKONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人(連盟)は「1000点が満貫になりましたね!」と興奮交じりに語り、実況の小林未沙も「本当だ!タンヤオのみが、タンヤオ嶺上開花・赤2!」と驚きながらこのアガリを伝えた。

     ここでカメラが映したのは、目を点にした瑞原の表情だ。普段から試合中にも気迫を隠さず戦う瑞原だが、ここではライバルの妙技にフリーズ。1000点の手があっという間に満貫へ化ける劇的なアガリを前に、目が点になってしまうのも無理はなかった。ファンからは「マジか!」「瑞原もビックリw」「みずちゃん、渋い顔」「瑞原頑張れー」と次々に反響が寄せられた。

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    美女雀士の目が点!タンヤオのかわし手が強襲の暗カンから嶺上開花で大ダメージに「マジか!」/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    タンヤオのかわし手が強襲の暗カンからの嶺上開花、相手チームも驚愕の表情!これぞまさに美女雀士の真骨頂ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【タンヤオのかわし手が炸裂!暗カンからの大逆転勝利にファン大興奮】の続きを読む


    【写真・画像】 1枚目

     麻雀プロ団体・最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「最高位」の決定戦進出を争うA1リーグの第1節が3月6日に行われ、a卓は石井一馬が卓内トップを取り開幕戦を制した。

    【映像】鈴木たろうはMリーグでは歴代最高スコアをマーク

     現役Mリーガーの鈴木たろう、元Mリーガーの近藤誠一村上淳と豪快なメンツとなった開幕節。特に近藤は今期限りでリーグ戦からの勇退を表明しており、一際注目度が上がった一戦となったが、主役になったのは石井だった。

     9年ぶりに最上位リーグ復帰となった石井は、1戦目からいきなりトップを取ると、続く2戦目も制して連続トップ。残り2戦は3着、ラスと失速したものの前半の貯金を活かして50ポイントオーバーの卓内トップと開幕節を気持ちよく終えた。

     試合後は「久しぶりに戻ってきたA1リーグで打つのを楽しみにしていました。蓋を開けてみると濃厚な対局で、視聴者の皆さんも楽しんでいただけたかと。まだ1節が終わっただけですが、残り11節もこの調子を継続して頑張りたいです」と、意気込んでいた。

    【試合結果】

    1位 石井一馬 +52.6
    2位 近藤誠一 +36.0
    3位 村上淳 ▲5.4
    4位 鈴木たろう ▲85.2

    ◆最高位 最高位戦日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル。A1リーグは全12節、48半荘のリーグ戦を行い、上位3人と前年優勝の最高位の4人で決定戦を行う。決定戦は1日に半荘4回戦の5日制で、計20回戦行われる。

    最高位戦日本プロ麻雀協会 1976年に設立。東京、関西、東海、北海道、新潟、九州、東北に拠点があり、所属会員数は約700人。主なプロは金子正輝近藤誠一村上淳鈴木たろう、石橋伸洋、茅森早香、石井あや、大平亜季ら。主催タイトル戦は最高位、女流最高位、最高位戦Classic、發王戦、新輝戦、女流名人戦、新人王戦。代表理事・新津潔
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    注目の開幕節は石井一馬が卓内トップ!「濃厚な対局だった」/麻雀・最高位戦A1リーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    石井一馬の力強いプレーに感動しました!開幕戦からトップでスタートするなんて、さすがの実力ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【石井一馬が開幕節で卓内トップ!最高位戦A1リーグがスタートしました】の続きを読む


    【写真・画像】 1枚目

     思うように勝ち切れない、そんなもどかしさを一蹴する快勝だった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」3月7日の第2試合は渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)がトップを獲得し、チームに11戦ぶりの白星をもたらした。

    【映像】松本吉弘の上位陣討伐宣言

     試合は起家からU-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)、松本、BEAST Japanext鈴木大介(連盟)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)の並びで開始した。松本は親番の東2局、7巡目に二・五万待ちでリーチ。二万でアガれば234の三色同順だ。これをあっさりと一発でツモ、リーチ・一発・ツモ・平和・三色同順の1万8000点が完成し、大きなリードを得た。堂々とした立ち居振る舞いに実況の小林未沙も「自信に溢れた表情をしています!」と絶賛した。

     東4局は積極的な仕掛けを展開、3つ仕掛けて2・5筒待ちでテンパイすると、2筒をツモ。東・發・ドラ2の8000点を加点し、持ち点は5万点に迫った。その後は大きなリスクを冒さず、取れるテンパイは取るという丁寧な打ち回し。南3局に鈴木大介が親跳満をツモり、ヒヤリとした場面もあったが、無事に逃げ切ってハーラートップタイとなる個人9勝目を手に入れた。

     試合後は「トップはそこそこ取っていますが、鬱憤が溜まるような試合が多かったので、それが晴れたかなと思います」と喜び、一つ上のKONAMI麻雀格闘倶楽部まではわずか20ポイント差であることを知ると「4位になるとセミファイナルに通過した場合、最終日を打てる。チームとしては4位を目標にしていたので、残り10試合、油断はできないですが、プラスを積み重ねて、4位、3位と上がって、上に行けるように頑張りたいと思います。残り10試合、見ていてください!」と上位陣討伐宣言。これを聞いたファンからは「やっぱナイスガイやな」「松はかっこいいな」「やっぱり松本がナンバーワン!」「ぱちぱちぱちー」と応援の声が投げかけられた。

     長く中段に位置し、一時はボーダー争いにも巻き込まれそうになった昨年王者が、ここに来てしっかり上位との差を詰めようとしている。セミファイナルへ向けここからギアチェンジ、本格化した若きエースがチームを牽引する。

    【第2試合結果】

    1着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)4万7800点/+67.8
    2着 BEAST Japanext鈴木大介(連盟)3万5500点/+15.5
    3着 U-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)1万2800点/▲27.2
    4着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)3900点/▲56.1

    3月7日終了時点での成績】

    1位 U-NEXT Pirates +526.6(86/96)
    2位 赤坂ドリブンズ +403.5(84/96)
    3位 KADOKAWAサクラナイツ +263.8(84/96)
    4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +119.4(82/96)
    5位 渋谷ABEMAS +99.4(86/96)
    6位 TEAM雷電 ▲307.7(84/96)
    7位 BEAST Japanext ▲331.2(86/96)
    8位 EX風林火山 ▲340.4(84/96)
    9位 セガサミーフェニックス ▲433.4(84/96)

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    悪い流れ、断ち切ったり!松本吉弘、チーム11戦ぶりトップ 上位陣討伐宣言「見ていてください!」/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    松本吉弘の復活に期待大です!今後の試合が楽しみですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【松本吉弘がチーム11戦ぶりのトップに!上位陣を討伐宣言!】の続きを読む


    【写真・画像】 1枚目

     高い実力に、重なる追い風。トップを取るための条件は揃っていた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」3月7日の第1試合はU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)が首位を獲得。個人成績も大きく伸ばし、2度目のMVPへ近づいた。

    【映像】瑞原明奈、逆転勝利後の麗しい水飲みシーン

     この試合は東家から渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、瑞原、セガサミーフェニックス・醍醐大(最高位戦)、BEAST Japanext・猿川真寿(連盟)の並びで開始。瑞原は東2局2本場、早い巡目に入ったタンヤオ・平和・赤・ドラの親満貫をダマテンに構えると、これを猿川からロンでトップ目に立つ。しかし東4局、今度は白鳥のダマテンに放銃し満貫の失点、配給原点に戻され仕切り直しとなった。

     南1局、瑞原は3筒と中のシャンポン待ちでリーチ。ドラは3筒、赤も2枚ある大物手だ。仕掛けてぶつかる白鳥に加え、ラス目から挽回を期す醍醐とのめくり合いとなったが、醍醐が3筒を掴み瑞原に軍配。リーチ・赤2・ドラ3の1万2000点で白鳥に詰め寄った。南4局、瑞原は2600点差で白鳥とトップを競る。わずか4巡でペン7索待ちの三色同順テンパイすると、これがすぐにツモれてツモ・三色同順・赤の8000点でゲームセット。個人7勝目で個人成績は300ポイント超えとなり、2度目のMVPを引き寄せた。

     試合後は弾けるような笑顔で「トップが結構久しぶりなので、めちゃくちゃうれしいです!」と喜んだ。リポーターの襟川麻衣子とは相性が良いようで「ジンクス的に、襟川さんがリポーターの時は、Piratesはなんと全連対中。南家の席も今期すごく調子が良くて。私が勝って、襟川さんのジンクスをキープせねば!と思っていたので、エリーのために!すごく恩恵があるかのような半荘だったと思います」と自身に吹いた追い風に感謝した。

     個人タイトルについて話が及ぶと「チーム戦がメインかなと個人的には思っています。セミファイナル以降に進出できるポイント状況だからといって、今のポイントがなくなるわけではないので、1ポイントでも多く稼いで首位通過をしたい」とフォアザチームを強調した。最後に瑞原は「今日は本当に麻雀牌たちが良い子で、いうことを聞いてくれて、トップが無事に取れてよかったなと思っております!引き続き頑張ります!」とファンへ明るく思いを伝え、ファンからは「南家驚異の連対!トップのアッキーナに敬礼!」「かわええし強いし瑞原最強」「かわいさもMVP」と次々にエールが寄せられていた。

     セミファイナル進出はほぼ間違いなく、目指すは首位通過。伸び伸びと打つ瑞原らしい麻雀でポイントを重ね、チームメイトの鈴木優(最高位戦)と争うMVPの行方もファンの注目の的だ。

    【第1試合結果】

    1着 U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)4万6200点/+66.2
    2着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)3万8800点/+18.8
    3着 BEAST Japanext・猿川真寿(連盟)2万7100点/▲12.9
    4着 セガサミーフェニックス・醍醐大(最高位戦)-1万2100点/▲72.1

    ※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

    Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
    (ABEMA/麻雀チャンネルより)

    見えるぞ2度目のMVP!瑞原明奈、超得意の南家で逆転トップ リポーターとも好相性で追い風だらけ「首位通過をしたい」/麻雀・Mリーグ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    瑞原明奈の活躍が凄すぎる!リーチやツモでの連続立直など、次の対戦でも期待が高まるばかりだ。

    <このニュースへのネットの反応>

    【瑞原明奈、南家で見事逆転トップ!2度目のMVP獲得なるか!】の続きを読む

    このページのトップヘ