【写真・画像】 1枚目

 劇的なアガリを前に、美女雀士も思わずフリーズだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」3月7日の第1試合。BEAST Japanext・猿川真寿(連盟)が1000点の仕掛けから赤五万を引いて暗カン、新ドラと嶺上開花で満貫となり、これに驚いたU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)の表情にファンからも多くのコメントが寄せられた。

【映像】劇的なアガリを前に人気美人雀士の目が点に

 南3局1本場、猿川がカン三万をチーして2・5索待ちのテンパイタンヤオで1000点だが、ラス目のセガサミーフェニックス・醍醐大(最高位戦)の親を終わらせる効果的な攻めだ。終盤、カン材の赤五万を引くと、猿川はこれを小考して暗カン。新ドラは7索で、自身の手に1枚乗った。さらに嶺上開花で赤5索を引き、タンヤオ嶺上開花・赤2の8000点(+300点、供託1000点)のアガリが完成だ。

 解説のKONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人(連盟)は「1000点が満貫になりましたね!」と興奮交じりに語り、実況の小林未沙も「本当だ!タンヤオのみが、タンヤオ嶺上開花・赤2!」と驚きながらこのアガリを伝えた。

 ここでカメラが映したのは、目を点にした瑞原の表情だ。普段から試合中にも気迫を隠さず戦う瑞原だが、ここではライバルの妙技にフリーズ。1000点の手があっという間に満貫へ化ける劇的なアガリを前に、目が点になってしまうのも無理はなかった。ファンからは「マジか!」「瑞原もビックリw」「みずちゃん、渋い顔」「瑞原頑張れー」と次々に反響が寄せられた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

美女雀士の目が点!タンヤオのかわし手が強襲の暗カンから嶺上開花で大ダメージに「マジか!」/麻雀・Mリーグ


(出典 news.nicovideo.jp)

タンヤオのかわし手が強襲の暗カンからの嶺上開花、相手チームも驚愕の表情!これぞまさに美女雀士の真骨頂ですね。

<このニュースへのネットの反応>