【写真・画像】 1枚目

 高い実力に、重なる追い風。トップを取るための条件は揃っていた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」3月7日の第1試合はU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)が首位を獲得。個人成績も大きく伸ばし、2度目のMVPへ近づいた。

【映像】瑞原明奈、逆転勝利後の麗しい水飲みシーン

 この試合は東家から渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、瑞原、セガサミーフェニックス・醍醐大(最高位戦)、BEAST Japanext・猿川真寿(連盟)の並びで開始。瑞原は東2局2本場、早い巡目に入ったタンヤオ・平和・赤・ドラの親満貫をダマテンに構えると、これを猿川からロンでトップ目に立つ。しかし東4局、今度は白鳥のダマテンに放銃し満貫の失点、配給原点に戻され仕切り直しとなった。

 南1局、瑞原は3筒と中のシャンポン待ちでリーチ。ドラは3筒、赤も2枚ある大物手だ。仕掛けてぶつかる白鳥に加え、ラス目から挽回を期す醍醐とのめくり合いとなったが、醍醐が3筒を掴み瑞原に軍配。リーチ・赤2・ドラ3の1万2000点で白鳥に詰め寄った。南4局、瑞原は2600点差で白鳥とトップを競る。わずか4巡でペン7索待ちの三色同順テンパイすると、これがすぐにツモれてツモ・三色同順・赤の8000点でゲームセット。個人7勝目で個人成績は300ポイント超えとなり、2度目のMVPを引き寄せた。

 試合後は弾けるような笑顔で「トップが結構久しぶりなので、めちゃくちゃうれしいです!」と喜んだ。リポーターの襟川麻衣子とは相性が良いようで「ジンクス的に、襟川さんがリポーターの時は、Piratesはなんと全連対中。南家の席も今期すごく調子が良くて。私が勝って、襟川さんのジンクスをキープせねば!と思っていたので、エリーのために!すごく恩恵があるかのような半荘だったと思います」と自身に吹いた追い風に感謝した。

 個人タイトルについて話が及ぶと「チーム戦がメインかなと個人的には思っています。セミファイナル以降に進出できるポイント状況だからといって、今のポイントがなくなるわけではないので、1ポイントでも多く稼いで首位通過をしたい」とフォアザチームを強調した。最後に瑞原は「今日は本当に麻雀牌たちが良い子で、いうことを聞いてくれて、トップが無事に取れてよかったなと思っております!引き続き頑張ります!」とファンへ明るく思いを伝え、ファンからは「南家驚異の連対!トップのアッキーナに敬礼!」「かわええし強いし瑞原最強」「かわいさもMVP」と次々にエールが寄せられていた。

 セミファイナル進出はほぼ間違いなく、目指すは首位通過。伸び伸びと打つ瑞原らしい麻雀でポイントを重ね、チームメイトの鈴木優(最高位戦)と争うMVPの行方もファンの注目の的だ。

【第1試合結果】

1着 U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)4万6200点/+66.2
2着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)3万8800点/+18.8
3着 BEAST Japanext・猿川真寿(連盟)2万7100点/▲12.9
4着 セガサミーフェニックス・醍醐大(最高位戦)-1万2100点/▲72.1

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

見えるぞ2度目のMVP!瑞原明奈、超得意の南家で逆転トップ リポーターとも好相性で追い風だらけ「首位通過をしたい」/麻雀・Mリーグ


(出典 news.nicovideo.jp)

瑞原明奈の活躍が凄すぎる!リーチやツモでの連続立直など、次の対戦でも期待が高まるばかりだ。

<このニュースへのネットの反応>